足がむくんでしまうといっても、どういった原因でむくみにつながってしまったのかによって解消方法は異なります。ここでは、足のむくみに多い原因とその解消方法を紹介しています。

運動不足でむくむ方

・デスクワークの方

足がむくみやすい方にもっとも多いのがデスクワークをされている方です。長時間座ったままの状態だと血行がどんどん低下していくので、夕方頃になるとむくんでしまっているということが多いはず。座ったままの状態はむくみだけでなく、心臓に病気を抱えやすくなるというデータも出ているのでかなり注意が必要です。

デスクワークの方でも座っている時に足を動かしたり、筋肉に力を入れたりすることで血行が促進されるので、ある程度むくみ対策につながるので実践してみましょう。

・妊娠中の方

妊娠中期・後期以降の方は体重が何キロも増えて自宅で安静にしている方が多いので、自然と体を動かす時間が少なくなります。赤ちゃんのために安静にしておくのは良いことですが、ある程度は体を動かしておいた方が出産時の体力作りにつながるので適度に運動を行いましょう。

・立ち仕事の方

立ち仕事で足がむくんでしまうのは、血液が下半身にたまってしまうためです。特に接客業をされている方の多くがむくみやすいため、お客さんがいない時には軽く屈伸をして血行を促進したり、椅子に座って足の筋肉への負担を減らすことが効果的です。

食事が原因で足がむくむ方

・塩分の摂取量が多い

塩分(ナトリウム)の摂取量が多いと、体液の濃度を保つため自然と水分の吸収量が増えてむくんだ状態になります。塩分はインスタント食品、しょうゆ、ドレッシング、みそに多く含まれているため、これらのものを好んで摂取されている方は減らすように取り組む必要があります。

・アルコールの摂取のしすぎ

アルコールを分解するのは腎臓ですが、摂取量が多すぎると分解機能が低下してしまって代謝機能が乱れ、むくみにつながります。腎臓の働きが低下すると様々な病気にかかるリスクが高まってしまうため、気になる方は一度病院で診察を受けてみるといいでしょう。

 

むくみ対策サプリ口コミランキング